自主稽古の時間 つくば道場

年に2回の昇級審査が近づいてきたころ、"自主稽古の時間"を設けてみました。

とりあえず「15分くらい、自分でやること考えてもくもくと稽古する。この時間だけは人に教えてもらったり、相談したり、一緒にやったりしない。」ということだけ。

みんな各々考えてやり始めました。し~んとした空気の中、畳や床を足が擦る音…胴着の擦れる音…だけが聞こえてきて、そして自然とエイッ!という気合いが聞こえてきました。

後から「何やった??」と聞くと、「基本型を10回やった」「基本の苦手なところができるようになった!」とアレコレ嬉しそうに報告してくれました。

人間空手善心道

「強く」よりも「かっこよく」 倒すのは敵ではなく己の弱気

0コメント

  • 1000 / 1000