昇段審査

篠崎本部 長澤です。

先日息子の昇段審査がありました。
緊張したとは思いますが課題の型と10人組手をやり遂げる事が出来ました。
善心道に入門して八年間よく頑張ってくれたと思います。
すべての想いが詰まった素晴らしい演武でした。
アップしたのは入門当初の息子の写真です。一生懸命に稽古しています。当時はまだ幼稚園児ではありましたが、気合いだけは人一倍で元気いっぱい大きな声で稽古していた事が懐かしく思い出されます。
まさかあの白帯の幼稚園児が初段になろうかと言う所まで来るとは 全く想像もしていませんでした。
息子にはこれから先も入門当初の純粋な気持ちを忘れずに稽古に精進してもらいたいと思っています。

武道で初段になるということは、振り出しに戻って新たにスタートを切るということ。
審査の結果はまだ先ですが 晴れて黒帯をつける事ができたらこの写真を見せて改めて話しをしてみようと思います。
一緒に審査を受けたとも君も本当に素晴らしい出来映えでした。 

最後にはなりましたが、ここまで指導して頂いた金子師範、渡辺師範をはじめ善心道の皆様には心から感謝申し上げます。
そして何よりこの素晴らしい善心道空手を創設して頂いた堀師範 本当にありがとうございました。

押忍


人間空手善心道

「強く」よりも「かっこよく」 倒すのは敵ではなく己の弱気

0コメント

  • 1000 / 1000