平常心

篠崎本部の金子です。
稽古始まりと、稽古終わりに黙想を行います。
稽古始まりの黙想はこれから空手の稽古に入る
心の準備です。
稽古終わりにする黙想は、スパーリングで
上がったテンションを平常心に戻すために
行います。
僕はこの黙想の時の静けさが好きです。
鼻から吸ってお腹にため、口からゆーっくりと
吐き出すことを数回すると頭がスッキリし、
心地よい余韻が残ります。
なんでもそうかもしれませんが、静と動の組み合わせが大事だと思います。
型もそう、組手もそう。静と動をいかに自分らしく
表現するかが大切だと思います。
空手は戦うだけではなく、平常心をやしなうに
は素晴らしい効果があると思います。
とくに茶帯以上の道場生は平常心を常に意識して
稽古に臨んで頂ければと思います。押忍。

人間空手善心道

「強く」よりも「かっこよく」 倒すのは敵ではなく己の弱気

0コメント

  • 1000 / 1000