親子組手

こう書くとなんだかホノボノとした感じですね。

昨日は昇級審査でした。

そして、今月で善心道を卒業する健太初段と
お父さんである長澤師範代の親子組手を
行いました。

ガチ勝負。

親子でフルコンで三本勝負。

鳥肌立ちました。

そして自分はすごく羨ましく思いました。

親子が、本気で闘うなんてありますか。

健太初段が入門した時はたしか4歳。

今はもう、中学生。

私は思います。人生は短いと。

その短い人生の中で、親と子が本気で
拳を交える。こんな素敵なことはないな、と。

これぞまさに空手道。これぞ善心道。

素晴らしい組手を見せて頂きました。

心で僕は泣きました。

感謝感謝です。押忍。

人間空手善心道

「強く」よりも「かっこよく」 倒すのは敵ではなく己の弱気

0コメント

  • 1000 / 1000