BLOG

人間空手 善心道道場内での約束事 以下のことは、これから善心道の空手にたずさわって行く中で、守らなければならない約束事です。覚えて守るようにしてください。


 ① 道場内での返事は「はい」ではなく、「押忍」(オス)と言う。何か言われたら必ず返事をする。 ② 自分より帯が上の人、先に入門した人には、たとえ年下でも『~先輩』と呼ぶ。

 ③ 道場へ入る時、出る時、道場生が来た時などは大きな声で「押忍」と挨拶する。

 ④ 稽古開始5分前には着替えを済ませ、待機しいつでも始められる準備をしておくこと。万一稽古時間に遅れた場合は、速やかに着替え道場内に入ったならば、壁に向かって2~3分正座、黙想し、責任者に挨拶し静かに稽古に入る。  

⑤ 先輩と挨拶する時は、座っている時も必ず立ち上がって挨拶をする。また手などに何か持っている時は、一旦置いてから挨拶をする。

 ⑥ 稽古中、立っている時に、腰や膝に手をついたり、腕組みをしない。出来るだけ不動立ちが望ましい。座る時は正座かあぐらのみ。

 ⑦ 無理をしない。体力的にきつい時などは、手をあげて『押忍、休みます』といって下がること。体力が回復して入る時は「押忍、入ります」と手をあげて入る。水分をとりたい時も同様。ただし、勝手に下がったり、道場を出ない。

 ⑧ ふざけあってのたたきあいをしない。

 ⑨ 人の前を通らない。後ろを通る。どうしても通らなければいけない時は、「押忍、失礼します」と一言言ってから通る。

 ⑩ 整列など号令がかかったら、駆け足で素早く並ぶ。

 ⑪ 人と話すときは、何かを行いながら話さない。話している人の方向を向き、目を見て話を聞く。 ⑫ 帯の下の人が先輩に指導することを禁止します。 

こう書くとなんだかホノボノとした感じですね。

昨日は昇級審査でした。

そして、今月で善心道を卒業する健太初段と
お父さんである長澤師範代の親子組手を
行いました。

ガチ勝負。

親子でフルコンで三本勝負。

鳥肌立ちました。

そして自分はすごく羨ましく思いました。

親子が、本気で闘うなんてありますか。

健太初段が入門した時はたしか4歳。

今はもう、中学生。

私は思います。人生は短いと。

その短い人生の中で、親と子が本気で
拳を交える。こんな素敵なことはないな、と。

これぞまさに空手道。これぞ善心道。

素晴らしい組手を見せて頂きました。

心で僕は泣きました。

感謝感謝です。押忍。

来週は昇級審査、最後の追い込み!
がんばれみんな!

善心道では常時道場生、体験稽古体験者を募集しております!

善心道の理念は「強くよりもかっこよく、倒すのは敵ではなく己の弱気」

これに尽きると思います。

「強くよりもカッコよくというのは、よりかっこいい生き方を模索していこうと

いう意味です。

「倒すのは敵ではなく己の弱気」とは文字通り誰かを倒すための空手術ではなく

自分の精神的な弱気を克服していこうよ!と言うものです。

フィジカル的に強くなることはちょっとトレーニングすれば可能ですが

それをコントロールする「脳」すなわち「己」を鍛えなければ意味がないのです。

ゆえに私たちは「ただ強くなりたい」方をお断りします。

自分の弱さを自覚して、克服した人を全面的に応援して指導いたします。

少し風変りな道場ですがどんなものか一度体験にお越しください。

お子さんはもちろん、お父さんも一緒に稽古をすることをお勧めします。

お父さんと一緒になって目標に向かう機会ってないですから。

女性はダイエットやフィットネス感覚でもよいと思います。

いずれ空手道のとりこになると思うので(笑)


詳しくはHPでご確認ください。

https://zenshindo.amebaownd.com/

本日の善心道の稽古は、細かい指導はあまりせず とにかく気合を出す事中心のメニューでした。 個人の気がでれば、それは周りの人の気を高め、さらには 場の気を高めることができます。 場の気が高まれば、それは身体の動きにも連動して すばらしい稽古になりました。 心技体とありますが、心と身体は密接に繋がっている実例でしょう。 気は目には見えませんが確実に感じることが出来ると確信した稽古でした。 押忍。

入門して1年半になる小学2年生の男の子ですが、最近メキメキ上達している。
先ずは体の柔軟性がアップ!!
入門当時は決して体が柔らかいほうではなかったが、今では頭が床に着くまであと少し*(^o^)/*
その秘密は稽古を休まない、彼には目標があり、帯に名前が入っているのが憧れとのこと(╹◡╹)♡

何でもいいので目指すものがあると、稽古へのモチベーションが違うと、改めて認識しました。
長澤師範代の仕切りによる稽古。
わたくし、膝を痛めてしまい指導側に
徹します。
それにしても今日は少し人数少ないなぁ〜

金子

篠崎本部の金子です。

昨日は1名の体験稽古があり、本日は3人の入門がありました。

いやぁ、本当にうれしい!

しかも皆さん本当に良い人ばかりで、こちらもますますいい稽古をしなくては!と

気合が入ります。

ところで本日の稽古で、入門したての方に「押忍」の意味をお教えしましたが、ふと自分はきちんと

押忍の精神を実践できているか?と思いました。

精神的肉体的には相手を圧倒しつつも、謙虚であり続ける。

まだまだ、ぜんぜん出来ていません。

教えるという行為は、逆に教わることが多いのです。

いつの間にか、わかったような気になっていないか?

いつだって初心に戻ることの大切さを再確認。

道場に通われる方、大事なお子さんを預けてくださっているお父さんお母さんの想い。

そしてなによりも人様の限られた時間を任されている、という事を胸に刻みこんで

これからまた、一歩一歩善心あるのみ。

押忍!

押忍、篠崎本部の金子です。

今日は昇級審査でした。自分も審査を受けていた時は毎回緊張したのを覚えていますが、今回は2人の少年が途中で泣き出してしまいました。2人とも、普段はまったく問題なく稽古をしているし、受験するにあたって問題ない実力がありました。

しかし、審査と言う場は空気が違います。各々がこの半年の成果を絶対的に発揮しなければならない真剣勝負の場。一人はその空気に飲まれたのかな?緊張のあまり泣き出してしまった感じを受けました。もう一人は口頭審査で普段ならスラスラ答えられるのに緊張して私の質問に対して頭が真っ白になって混乱して泣いてしまったようでした。でも、2人とも、泣ぎながらも最後までしっかりと審査をやり遂げられました。これは本当に素晴らしい事だと思います。泣きながらも逃げ出さず、投げ出さずやり遂げる。彼らの姿をみて私は感動しました。そしてサラリーマンとしての自分のあり方とダブらせて見て、彼らに負けてはいないか?考えさせられました。

その他の受験者のレベルも非常に高く、かつ善心道らしい珍プレーも飛び出し、終始厳かながら明るい空気が流れていた、そんな昇級審査でした。私の中ではこれまでの審査のなかでも非常に印象深い、なんといいますか新しい善心道の幕開けみたいなものを感じました。

皆様、おつかれさまでした!押忍!!

年に2回の昇級審査が近づいてきたころ、"自主稽古の時間"を設けてみました。

とりあえず「15分くらい、自分でやること考えてもくもくと稽古する。この時間だけは人に教えてもらったり、相談したり、一緒にやったりしない。」ということだけ。

みんな各々考えてやり始めました。し~んとした空気の中、畳や床を足が擦る音…胴着の擦れる音…だけが聞こえてきて、そして自然とエイッ!という気合いが聞こえてきました。

後から「何やった??」と聞くと、「基本型を10回やった」「基本の苦手なところができるようになった!」とアレコレ嬉しそうに報告してくれました。

基本稽古は慣れてくると、準備体操のように動いてしまうことも・・・
対峙する相手を想定して、倒すつもりで、一つ一つの動作を丁寧に行う。
頭では解っていても、ついつい距離感を忘れがちに。
今回はミットや対峙して練習してみました。
目標があるとスパーリングやミット打ちの時のような、力強い突きや蹴りに・・・